×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

西田ひかるの最新ネット情報。           

  
西田ひかるの中で 今、話題のものをご紹介します。

楽天ウェブサービスセンター
西田ひかるの最新ネット情報。
ポンキッキーズ・メロディ(2)
価格: 3,059円 レビュー評価:4.0 レビュー数:1
このCDとっても好きです。ポンキッキーズ・メロディ1も
購入しましたが、とにかく曲のクオリティがめちゃくちゃ高い!
参加アーティスト陣も豪華だし、編曲もかなり凝ってます。

 子どもだけでなく大人にもぜひ聴いて欲しい。
優れた児童作家は、子どもだからといって妙に媚びたいわゆる
子どもだましな作品は作らないと聞きます。真摯に対等な距離で

作りだそうとする姿勢、それが世に名作を生み出す源となるので
しょう。そしてそれは、大人にとっても実に魅力的な作品である
ことが多いのです。
 このCDはその姿勢が感じ取られるとても心地よい作品です。
子ども

TVサイズ 世界名作劇場 主題歌完全収録版
価格: 3,150円 レビュー評価:4.5 レビュー数:2
世界名作劇場は、主題歌もさることながら、エンディングテーマにも素晴らしいものが多かったので、両方含まれているものを探していました。
また、「フランダースの犬」?「南の虹のルーシー」まで見ていたのでそのあたりが全て含まれていることも必須条件、で検討した結果、このCDを購入しました。
TVサイズということで1曲の演奏時間は短いものですが、すなわちTVで流れていたものと同じということで、懐かしさはひとしおです。

私は特に「トムソーヤの冒険」のエンディングテーマ「ぼくのミシシッピー」が大好きで、歌が流れてきたときは、ミシシッピー川沿いを行くトムとハッ
みんなのテレビ・ジェネレーション アニメ歌年鑑1988年
価格: 2,100円 レビュー評価:4.0 レビュー数:4
結城めぐみさんの2曲(YOUとTWO OF US)が収録されています。

美味しんぼのアニメで使われていた歌になります。この2曲の音源は古くなかなか入手不能ですからこのようなコンピアルバムを利用しないと聴くことができないのでおすすめです。

結城めぐみさんの声、最近なかなかこういう声を持つ女性歌手はいませんね・・、80年代って

かなりいい時代だったのかななんて今更思います(小比類巻かほるさんも素晴らしいし・・)

また80年代の曲調もたまらないものがあります、なんかいいんですよね・・。
1991 コンサート 真夏上手 [VHS]
価格: 4,587円 レビュー評価: レビュー数:
真夏上手Vol.2〜LADY〜 [VHS]
価格: 4,893円 レビュー評価: レビュー数:
愛、ときどき嘘 VOL.1 [VHS]
価格: 9,240円 レビュー評価: レビュー数:
月刊西田ひかる (SHINCHO MOOK)
価格: 630円 レビュー評価: レビュー数:
ケイト・グリーナウェイのマザーグース
価格: 1,300円 レビュー評価:3.0 レビュー数:1
 マザーグースがブームの頃、グリーナウェイの本を見つけ、毎日うっとり眺めてましたっけ。また懐かしい絵に会えて嬉しかった。
 でも、絵の色がキツイ感じで、残念でした。私の以前の印象ではもっとレトロなほんわかした色合いだったので、違和感があります。
 和訳はなかなかいいと思います。作品数も充実しています。
ハイ・タイド―西田ひかる写真集
価格: 1,580円 レビュー評価:3.0 レビュー数:2
水着のカットは少しだけ。イメージは西田ひかるらしいんだけど「この本うちにあったんだ」というくらい見た事がありません。
超豪華有名女優20人!四つん這いコレクション [DVD]
価格: 1,995円 レビュー評価: レビュー数:
NHK大河ドラマ 北条時宗 総集編 DVD-BOX
価格: 10,080円 レビュー評価:3.0 レビュー数:8
非常に酷評が多い作品ですが、私は好きです。
まず、世界史の中の日本を描こうとした意欲。
モンゴル=元も絡めた13世紀の東アジア情勢。
南宋貿易をしている博多の街は初めて知りました。
あと、やはり兄弟でありながら国を背負って立ち、国民の命が肩にかかっている時宗と
国も家も棄てて自由人として生きる時輔の対比。
特に時輔は自分の存在意義を探して世界を流浪し
ついには弟の時宗よりもはるかに広い視野を手に入れます。

時輔が史実と違って生き延びた事にかなり批判があるみたいですが
時宗
あのアイドルがスーパーリマスターREMIXで甦る ナイスボディVol.3 [DVD]
価格: 2,415円 レビュー評価: レビュー数:
最終更新日:2009年10月12日

Copyright (C) 2009 西田ひかるの最新ネット情報。 All Rights Reserved.